2018年 JAL JGC修行

2018年 JGC修行 3回目

  1. HOME >
  2. 旅行 >
  3. 2018年 JAL JGC修行 >

2018年 JGC修行 3回目

2018年 新千歳空港発のJGC修行3回目です。1回目、2回目とも入国せずに往復しましたが、3回目は最後ということもありクアラルンプールで1泊することにしました。

往路はプレミアムエコノミー、復路はビジネスクラスでの修行となります。

3回目の修行開始

新千歳空港からKLIAへ

前回はdカードゴールドのラウンジクーポン券を利用し、新千歳空港でもサクララウンジを利用できましたが、今回はdカードゴールドの改悪によってラウンジを利用することができませんでした。制限エリア内のCAFE GREEN Tokachiでモーニングセットを食べて、成田空港へ出発です。

7月14日(土)からの3連休スタートだったので、成田空港の出国審査の混雑を警戒していましたが、前回以上に空いていたので成田空港のサクララウンジでゆっくりとカレーライスをいただきました。前回同様にプレミアムエコノミーで出発です。

プレエコ

KLIAに到着し、一服した後に制限エリア内でDigiのSIMを購入しました。30分の無料通話と2GBのデータで20リンギットと格安でした。下調べでは8リンギットのパッケージもあるとの情報でしたが、店員に聞いてもそれ以下のパッケージは販売していないとのことでした。

一服タイムとSIMの購入で入国審査のスタートダッシュに出遅れたせいか、入国審査では40分待つ羽目になりました。入国審査自体は単純で、パスポートと乗ってきたチケットの提示、写真撮影、人差し指(左右)の指紋採取のみで、一切の質問はありませんでした。

KLIAからインターコンチネンタルへ

KLIAからKLIA Ekspres乗り場へ移動し、KL Sentralまでのチケットをキオスク端末で購入しました。決済画面でクレジットカード(VISA)を挿入すると、55リンギットから49.5リンギットへ値引きされます。チケットのQRコードをゲートでかざし、車両へ乗り込みましたが狭い…。復路にもKLIA Ekspresを利用しましたが、どうやら往路の車両が古かったようです。

KL Sentral駅からLRTでAmpang Park(KJ9)へ乗り換えます。チケットを買うときに勝手にAmpang Lineと思い込み、駅名が出てこず焦りましたが、Kelana Jaya Lineが正しい路線でした。15分程度でAmpang Park駅へ到着し、『Nicko Hotel』の表記がある出口へ向かいます。(2枚目の看板はInter Continental Hotelと新旧表示が入り混じってました)

出口から大通りに向かって左手方面(右手に歩道橋が見えます)に1分程度歩くと道路をはさんですぐインターコンチネンタルホテルへ到着です。今回はHISで予約していましたが、ダメもとでチェックイン時にアンバサダーカードを提示したところ、ウェルカムギフトをその場で手渡されました。(そもそもの予約がアップグレード適用、15時までのレイトチェックアウト適用、朝食付きでした。)

インターコンチネンタル

部屋は20階のキングベッドでした。一人で宿泊するには大きすぎるくらいです。バスタブのほかにシャワールームがあり、とても贅沢なつくりでした。これで1万円強とは驚くべきコスパですね。とりあえず荷物を部屋に置いて、ツインタワーを見に行くことにしました。

室内

ペトロナスツインタワーとスリアKLCC

先ほどのLRT駅へ向かい、Ampang Park駅(KL9)からKLCC駅(KJ10)へ移動します。たった一駅の利用です。徒歩でもいけるレベルですが、面倒くさいのでLRTを利用することにしました。KLCC駅で降車し、Twin Tower表記のある方へ向かいます。自動ドアをくぐると、そこはもうスリアKLCC内です。中央出口から外にでると、ペトロナスツインタワーが真上に見えます。

ツインタワー

ペトロナスツインタワーは想像以上の大きさで驚きました。夜のタワーはとても綺麗ですね。写真を撮ったのちにスリアKLCC内に戻り、2階のフードコートへ移動しました。フードコート内で夕食のチキンライスを食べて、伊勢丹でお土産を購入、ホテルへ戻って1日目は終了となりました。

チキンライス

クアラルンプール滞在

まずはせっかくの朝食付きプランなので、ホテルロビー階にあるSerena Brasserieで朝食をいただきます。チェックアウトは15時なので、荷物を部屋に置いたままブキッビンタンへ行くことにしました。

朝食会場

せっかくなのでGRABを利用してパビリオンまで移動することにしました。GRABは事前に日本でSMS認証しようとしても届かなかったのですが、Digiの現地SIMで認証したところ、まったく問題なく認証することができました。

使い方はすごく簡単で出発地と到着地を選択し、どのランクの車かを選ぶだけです。当日はあまり周辺に空車がおらず、乗り込むまで8分ほどかかりました。ブキッビンタンへは5分程度、5リンギットで移動することができました。(GRAB利用の2リンギットを含む。)

ブキッビンタンではアロー通りに行きましたが、早い時間のせいかそれほど活気はありませんでした。せっかくなのでドリアンを食べようと思ったのですが、漂ってくる臭いで撃沈してしまいました…。その後、パビリオンへ戻り、鼎泰豊で昼食をいただきました。

鼎泰豊

昼食後はブキッビンタンとKLCCをつなぐ歩道橋で移動し、ホテルまで戻りました。ホテルでシャワーを浴び、その後チェックアウトしました。チェックアウト後、KL Sentralのロッカーにスーツケースを預けてNu Sntralを散策しました。Fipperのショップが入っていたので、30リンギットのビーチサンダルを新調しました。

その後、Erawan Wellness Massageでボディマッサージを受け、KLIA Ekspresで空港へ向かいます。チェックイン後、プラザプレミアム ファースト ラウンジで夕食をいただきました。食事後にシャワーを浴び、搭乗口へ向かいました。

プラザプレミアムラウンジ

やはりビジネスクラスは最高ですね。帰国便は完全に爆睡することができました。これにて3度にわたるJGC修行は終了となります。国際線での修行は楽しかったです。(SFC修行も国際線でやればよかったと後悔…)

今回の獲得マイル、FLY ONポイント

便名 区間 ブッキングクラス 獲得マイル 獲得FOP
JL3040 新千歳 - 成田 普通席(Y) 638 (通常510+ボーナス128) 1,420
JL0723 成田 - クアラルンプール プレミアムエコノミー(W) 4,173 (通常3,338+ボーナス835) 5,407
JL0724 クアラルンプール - 成田 ビジネスクラス(C) 5,216 (通常4.173+ボーナス1,043) 6,659
JL0511 羽田 - 新千歳 クラスJ(J) 701 (通常561+ボーナス140) 1,522

今回の獲得FOPは15,008でした。JMBサファイア達成、JGC修行解脱です。

-2018年 JAL JGC修行
-

Copyright© たろさんノート , 2020 All Rights Reserved.