デジモノ

Xiaomi 10000mAh Mi Power Bank Proを購入しました

投稿日:2017年5月27日

10000mAh Mi Power Bank Pro

先日の中国旅行で小米(シャオミ) のモバイルバッテリーを購入してきました。実はシャオミのモバイルバッテリーは2台目で、1台目は5000mAhのものを使用していました。旅行に持っていくにも程よいサイズで重宝していましたが、機器への充電スピードが少し遅いので買い替えを行いました。



10000mAh Mi Power Bank Pro

モバイルバッテリー

バッテリータイプ: リチウムポリマー
バッテリー容量: 3.6V/10000mAh(TYP)
充電時間: 3.5時間(18Wチャージャー) / 5.5時間(10Wチャージャー)
本体サイズ: 128.5x75x12.6mm
本体重量: 223g

定価: 149元

給電コネクタがmicroUSBだと方向を気にするのが面倒だったので、USB-Cとなっているのは嬉しいですね。付属ケーブルもmicroUSB to USB-Cの変換コネクタ付きです。充電容量も10000mAhと十分で、商品紹介ページ上ではiPhone6だと4回満充電できるほどの大容量です。

定価で149元(執筆時で日本円換算2,450円)なので、かなりお得な金額だと思います。本体カラーはMacBook Proにあわせてグレーを選びました。

商品詳細ページ
http://www.mi.com/batterytwins/

5000mAhとの比較

比較1
比較2

さすがに5000mAhと比べると大きくなっていますが、持ち運びに苦労するほどのサイズではありません。何度かiPhone7 Plusへの充電を行いましたが、5000mAhのもと比べ、明らかに充電速度が上がっています。モバイルバッテリー自体への充電速度も倍の容量なのに同じくらいの時間でした。

日本から購入されたい場合はGearBestで販売しています。
Xiaomi Mi Pro 10000mAh Type-C USB Power Bank

これほどのバッテリー容量があればMacBook Proにも問題なく給電できるでしょう。これからの旅行に大いに役立ってくれそうです。

Article1

-デジモノ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apple Homekit対応のAqara Smart Hubを購入しました

以前よりAqara Gateway IP Cameraを利用してMi Homeにて簡易スマートホームを利用していましたが、唯一のネックがApple Homekitに非対応であることでした。せっかく自宅にApple TVがあるのでApple Homekitを利用したいということで、Aqara Smart Hubを導入することにしました。

Xiaomi MiJia ドライブレコーダーを購入しました

先日の中国旅行で小米(シャオミ)のドライブレコーダーを購入してきました。今まではKenwoodのKNA-DR300を使用していたのですが、画質も納得のいくものでは無かったため、性能の良さそうなシャオミ製のものに取り換える決断をしました。

Xiaomiで簡易スマートホームを導入しました

世の中いろいろと物騒なので、できるだけ安くセキュリティカメラの導入をしたいと考えていました。 中国製ですが、Xiaomiのスマートホーム関連が充実しており、安価であるため導入することにしました。

Xiaomi Redmi Note 3 ProにCyanogenMod 14.1を導入

Xiaomi(シャオミ)のRedmi Note 3 ProにCyanogenMod 14.1を導入してみました。すごく単純に導入方法を説明しています。

HUAWEI Band 3 Proを購入しました

面白半分にApple Watch Series 3(GPSモデル)を1年前に購入し、使用していましたがいろいろと不満というか不都合な点が出てきまして、HUAWEI Band 3 Proへ買い替えを行いました。

Sideber Top

プロフィール

<プロフィール>
名前: たろ

北海道在住の30代半ばのおっさんです。ユナイテッド航空のマイレージプラスで陸マイラー活動に目覚めました。JGC/SFC解脱組。よろしくお願いします。