スマートホーム

Xiaomiで簡易スマートホームを導入しました

  1. HOME >
  2. デジモノ >
  3. スマートホーム >

Xiaomiで簡易スマートホームを導入しました

Aqara

世の中いろいろと物騒なので、できるだけ安くセキュリティカメラの導入をしたいと考えていました。中国製ですが、Xiaomiのスマートホーム関連が充実しており、安価であるため導入することにしました。

導入した商品

・Aqara IP Camera (Gateway Edition)
・Mijia 1080P Smart IP Camera
・Aqara Window Door Sensor
・Yeelight Smart Light Strip
・Aqara Temperature Humidity Sensor
・Xiaomi Flora Monitor

私もあまり詳しくありませんが、AqaraやMijiaはXiaomiのサブブランド的な扱いだと思います。全部含めても2万円ちょっとで揃えられました。おそらく国産の商品では倍以上の値段がすることでしょう。

ドアセンサー等を導入する場合はホームゲートウェイが必要となるため、Aqara IP Camera (Gateway Edition)を導入しました。(IPカメラのみであればゲートウェイは不要なはずです。)

本体の設置を行い、スマホアプリで各種設定を行っていきます。日本語設定はありませんが、英語を選択できるのでGoogle翻訳で何とかできます。

カメラ

アプリ上の説明に沿って設定していけばすんなり設定できるはずなのですが、ゲートウェイカメラの設定のみ手こずってしまい、2時間ほど時間を無駄にしました。ゲートウェイの設置が完了すれば、その他の設定はスムーズにできると思います。

しばらく使用してみての感想

外出先でカメラを確認できるのはとても安心感があります。アプリ内の設定でドアセンサーが動作すると、スマホに通知を送ることも可能です。

通知

カメラの画質はきれいですが、ゲートウェイカメラは動作検知した場合のみ録画となり、常時録画ができない模様です。もう1台のMijia 1080P Smart IP Cameraは常時録画可能なので、使い分けが必要でしょう。

外出先からライトの点灯も行えるので、在宅しているように見せることも可能です。しっかりしたセキュリティシステムではありませんが、旅行中も安心感が違ってきますね。

安価に導入できるので、人柱になりたい方はぜひオススメです。では。

-スマートホーム

Copyright© たろさんノート , 2020 All Rights Reserved.