スマートホーム

Apple Homekit対応のAqara Smart Hubを購入しました

  1. HOME >
  2. デジモノ >
  3. スマートホーム >

Apple Homekit対応のAqara Smart Hubを購入しました

Smart Hub

以前よりAqara Gateway IP Cameraを利用してMi Homeにて簡易スマートホームを利用していましたが、唯一のネックがApple Homekitに非対応であることでした。せっかく自宅にApple TVがあるのでApple Homekitを利用したいということで、Aqara Smart Hubを導入することにしました。

商品について

商品名: Aqara Smart Hub(ZHWG11LM)
本体サイズ: 80 x 80 x 41.5 mm
Wi-Fi: 802.11 b/g/n (2.4GHzのみ)
電圧: 100-240V 50Hz/60Hz

各種センサーを使用するためのハブ機能に加え、スピーカー機能やライト機能が付いています。ドアセンサー等と連動させ、簡易セキュリティシステムを組むことも可能です。ちなみに今回も安定のGearbestで購入しました。私が購入したときはフラッシュセールで39.99USDで購入できました。

なお、本体のプラグ形状はOタイプなので、日本で使用するには変換プラグが必要となります。面倒なので、同時購入がオススメですね。私の場合は特に記載がありませんでしたが、なぜか黒の変換プラグが同梱されてきました。サービスなのでしょうか。

商品

インストール

パッケージ内容はとてもシンプルで本体と取扱説明書が入っているだけです。なお、Homekitの登録に必要なQRコードは外箱の内側、取扱説明書内、本体裏面に貼付されています。とりあえず既存のMi Home設定を一旦削除し、Aqara Hubの登録を行います。ちなみにMi Homeを利用する際はLocaleをMainland Chineにしないと登録機器一覧に出てこないので、注意が必要です。

Aqara Hubの正常登録後、Appleのホームアプリに登録する画面が出てきます。Homekit用のQRコードを読ませると、警報とライトが表示されるようになります。その後、Mi HomeのAqara Smart Hubの子デバイスとして手持ちのドアセンサーや温度計を追加してきます。子デバイスとして動作しないネットワークカメラ類も追加で登録しておきます。

なお、ホームアプリでは警報機能のオン/オフ機能しか使用できませんので、Mi Homeにて警報の詳細設定を行う必要があります。私はとりあえず警報オンの状態でドアセンサーが反応した場合に警報が鳴るように設定しました。このような設定を入れた状態でAppleのホームアプリでオン/オフすると正常動作します。

設定画面

単純な警報システムであればAqara Smart Hubとドアセンサーのみで環境を作成できますね。我が家ではドアセンサーが動作した場合に通知を出すようにしていますが、上記のような表示で通知が出ます。いろいろカスタマイズできて面白いですね。

我が家の接続状況

今回の現在の接続状況は以下のとおりとなりました。

・Aqara Smart Hub
・玄関用(ドアセンサー、カメラ)
・車庫用(ドアセンサー、カメラ)
・フラワーセンサー
・温度センサー
・寝室用LEDライト

それほど費用はかかっていませんが、外出先からでもカメラ映像を確認したり、センサーの動作状況の確認をしたりと、かなりコスパの良いものだと感じています。Appleのホームアプリが使用できることで、利便性が一段と良くなりました。

今後も少しづつスマートホーム用アイテムを増やしていきたいですね。

-スマートホーム

Copyright© たろさんノート , 2020 All Rights Reserved.