iPhone 香港

香港版 iPhone11 64GB (A2223)を購入しました

  1. HOME >
  2. デジモノ >
  3. iPhone >

香港版 iPhone11 64GB (A2223)を購入しました

iPhone11

先日、香港に1泊3日の弾丸旅行に行ったついでに香港版のiPhone11(A2223)を購入してきました。
それまではiPhoneXSを使用していたのですが、香港版のメリットの大きさに惹かれて買い替えを決断しました。

香港版 iPhone11のメリットとか

・物理デュアルSIM対応
・マナーモードでのシャッター音が鳴らない
・日本版と同じく、Felica搭載でSuicaやQuicPay等のApplePayに対応
・AppleStoreでの販売価格は日本版と誤差程度
・輸入品のオンライン販売価格は+2万円程度、中古販売時も有利に働くかも?

上記のメリットを考え、買い替えを決断しました。
AppleStoreでの購入価格は5999HKDで、日本円換算で84,000円程度でした。先達広場で購入すれば300HKD程度は安く買えると思います。

日本国内でのiPhoneXSの中古買取相場は65,000円程度なので、差額は2万円弱です。デュアルSIM対応になるメリットを考えれば納得できるレベルだと思いました。

実機での動作

※大前提として、日本での技適マークはありません。

メインのdocomo回線SIMとサブのau回線のSIMをSIMトレーの表裏に入れ、初期セットアップを行いました。

いつもの『ようこそ』画面が出てきますので日本語を選択し、ウィザードに沿ってセットアップするだけです。通常の日本版との違いは主回線、副回線の動作を選択する画面が出てくるくらいです。

セットアップ完了後、画面上部にdocomoとauのアンテナピクトが表示されているのが確認できます。ためしに両方の回線で発着信試験を行いましたが、全く問題ありませんでした。マナーモード時のシャッター音も無音でしたし、Suicaを使用して自動販売機でコーヒーを買うこともできました。これは満足度が高い!

Dual SIM
A2223

感想とか

買い替えにあたり、一番心配だったのが有機ELから液晶へダウングレードされることでしたが、ライトユーザーの私には無問題でした。むしろ画面サイズが若干大きくなり、電池持ちも良くなったおかげでアップグレードされた気分です。

広角レンズやDeepFusion機能も良いと思いますが、あまりスマホで写真を撮影しないので評価は難しいかも。あとは対応バンドが日本版と多少違う部分があるので、今後の運用に影響が無いかを検証する必要があります。

とりあえずデュアルSIMの動作を確認できたため、今後は海外用のスマートフォンやWi-Fiルータを持ち歩かなくても良くなった点は大きいです。久々に良い買い物をしました。

-iPhone, 香港
-

Copyright© たろさんノート , 2020 All Rights Reserved.