たろさんノート

日々の出来事を綴っています。2018年 札幌・新千歳空港を基点にJGC修行を行っています。2017年はSFC修行を行い、無事終了しました。

CX-5

Xiaomi MiJia ドライブレコーダーを購入

投稿日:2017年5月28日

Xiaomi Mijia Driving Recorder

先日の中国旅行で小米(シャオミ)のドライブレコーダーを購入してきました。今まではKenwoodのKNA-DR300を使用していたのですが、内蔵電池がヘタってきているのか、駐車モードでも10分程度で電源が落ちてしまいます。画質も納得のいくものでは無かったため、性能の良さそうなシャオミ製のものに取り換える決断をしました。



Xiaomi MiJia Car Driving Recorder

パッケージ

サイズ: 87.5×53×18mm
重量: 90g
センサー: SONY IMX323, 1/2.9inch CMOS
プロセッサー: Mstar MSC8328P
解像度: 1920×1080
レンズ: F1.8, 広角160度
液晶ディスプレイ: 3.0TFT HD タッチパネル
Wi-Fi: 802.11b/g/n
給電方法: シガレット5V/2.0A

定価: 349元

Wi-Fi付きで、フルHD対応のドライブレコーダーが349元(執筆時で日本円換算5,758円)であればかなりコスパ良好です。シャオミはスマホ、アクションカメラ、モバイルバッテリーなど使用してきましたが、どれもクォリティが高くて安心できます。

同じシャオミでも同価格程度でYI Smart Dash Cameraがありますが、CMOSセンサーはSONY製だし、デジモノは新製品の方が良い!ってことで当製品をチョイスしました。自宅内でさっそく電源を入れて、いろいろいじってみました。

内容物

付属品は本体、吸着部、吸着シート、給電用シガーソケット、microUSBケーブル、スクレイパーです。本体設定画面は残念ながら中国語表記のみです。Google翻訳アプリで画面を翻訳しながら設定しましたが、それほど難しくありませんでした。Wi-Fi機能付きなので、録画映像をスマホで見ることも可能です。

商品詳細ページ
http://www.mi.com/mj-carcorder/

CX-5へ取り付け

ヒューズボックス

シガーソケットから配線しても良いのですが、配線が出ているのが嫌いなので、助手席足元のヒューズボックス付近にシガーソケットを追加作成することにしました。

エーモン 1543

エーモンから電源オフ後も最大1時間給電可能なシガーソケットが出ているので、こちらを購入しました。これでドライブレコーダーに疑似駐車モードを追加できますね。バッテリーあがり防止機構付きなので、私はタイマーを60分で設定しました。ACCとBATはヒューズから分岐できるものを使用しました。

Aピラー

あとは助手席足元からAピラーを通し、天張りに配線を押し込んで作業終了です。ここまでの作業時間は30分あればできます。レコーダー本体の吸盤部を安定させる透明シートが付属しているので、フロントガラス内側を脱脂して貼付します。

貼り付け

あとは吸着部をシートに吸着させて作業終了です。それなりに綺麗に仕上がりましたね。Wi-Fi動作を確認するため、iPhoneのAPP Storeから『米家』で検索すると接続アプリが出てきます。ここで地域の設定が出てきますが、Mainland Chinaを選択しないとドライブレコーダーが出てきません。

液晶画面も綺麗ですし、Wi-Fiで映像確認もできるのは心強いです。併用技でオフタイマー使用で60分間の映像を残せる&Wi-Fi使用可能なのもポイントが高いでしょう。肝心の映像もかなり綺麗ですので、この商品はとてもオススメです。

定価より高いですが、日本から購入されたい場合はGearBestで販売しています。
Xiaomi mijia Car DVR Camera

Article1

-CX-5
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

Sideber Top

プロフィール

<プロフィール>
名前: たろ

北海道在住の30代半ばのオサーンです。ユナイテッド航空のマイレージプラスで陸マイラー活動に目覚めました。ゲーム・デジモノも好きです。よろしくお願いします。