EOS 5DS

今更ですが海外版 EOS 5DS(5Ds)を購入しました

  1. HOME >
  2. カメラ >
  3. EOS 5DS >

今更ですが海外版 EOS 5DS(5Ds)を購入しました

EOS 5DS

普段はEOS Rを使用していて不自由を感じることがありませんが、子供の撮影をしているとEVFの遅れが気になりOVFが恋しくなることがあります。

せっかくEFレンズ群を使用しているので、中古で5D Mark III(5D3)や6D Mark II(6D2)の程度の良いものを探してみたところ12万円以上が相場のようです。

半ば5D3の中古に心が傾いていたのですが、海外白ロム販売で有名なExpansysがいつの間にかカメラを扱っていることに気付き、5DSの新品が格安だったので衝動買いしてしまいました。

EOS 5DSの主なスペック

・約5060万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー
・デュアルDIGIC 6搭載
・高精度AF(61点高密度レティクルAF, EOS iTR AF, AIサーボAF III)
・クロップ撮影対応(約1.3倍, 1.6倍)
・高速連続撮影(最高約5.0コマ/秒)

実際のところ、現時点で高画素機は必要としていませんのでオーバースペックです。
子供の撮影とスナップ程度なので、M-RAW(2800万画素)での使用がメインになると思います。
スペック上は5D3に比べて連写速度が1コマ/秒おそくなること意外は素晴らしい機種だと思います。

驚きの価格

さて、肝心の価格ですが執筆時点での価格.comでの新品最安値は318,000円です。高いですね。
Expansysは送料無料で驚きの121,140円(税抜)消費税の7,100円を含めても13万円以内に収まります。

価格.com最安値との差19万円。性能も5D3の上位互換として考えれば中古品を買うメリットはほぼ無いと思いました。

GW明けに注文しましたが、ざっくり1週間で香港より到着しました。
配送はヤマト運輸を選択したので商品到着時に消費税を支払います。

ちなみに販売ページはこちら。
EXPANSYS Japan: CANON EOS 5DS DIGITAL SLR CAMERA

海外版のデメリット

5D3の中古品を買うことに比べればデメリットはほぼ無いと思いますが、仮に新品購入同士で考えた場合は以下の点が懸念されます。

・製品名が5Dsではなく5DS
・通常1年間のメーカー製品保証が受けられない
・マニュアルが英語や中国語
・充電器の形状が違う可能性がある
・手放す際に国内版と比べて買い手が付きづらい可能性がある

いずれも大したデメリットでは無いと思いますが、メーカーでの有償修理対応はできますし、マニュアルは日本語でダウンロード可能、充電器も別購入可能です。もし手放す際も19万円差が付くことは無いでしょう。(仮に中古相場から19万円引いたら逆に支払わないといけませんね)

実際にヤフオクやメルカリの海外版5DSの新品落札相場を見ても転売するだけでお小遣い稼ぎできそうです。

商品到着

EOS 5DS

久しぶりのデジタル一眼レフ、Black Titaniumの特別塗装とEOS 5DSのゴールド文字がカッコイイ。

充電器

同梱されていた充電器は100V-240V対応(50/60Hz)で、充電器の上部からメガネケーブルで接続する形でした。バッテリーのLP-E6NはEOS Rで使用しているものと同じなので、結局はEOS R用の充電器を使用しています。

言語設定

最初の日付時刻設定は中国語でしたが、"了"や"否"など漢字で意味がわかるので問題ありませんでした。メニュー設定画面から言語設定から日本語を設定すれば国内版との違いを見つけるのは困難だと思います。

少し触ってみましたがシャッターを切る際のミラーアップ音は気持ちいいですね。EOS Rでは瞳AFを多用していたので、開放付近での子供の撮影がとても難しく感じます。高解像度で撮影した画はかなりシャープに見えます。

5DSはそれほど使用頻度は多くない見込みですが、しばらくはEOS Rと2台体制で楽しみたいと思います。

-EOS 5DS

Copyright© たろさんノート , 2020 All Rights Reserved.