たろさんノート

日々の出来事を綴っています。2018年 札幌・新千歳空港を基点にJGC修行を行っています。2017年はSFC修行を行い、無事終了しました。

タイ国際航空

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ④

投稿日:2017年12月11日

A380-800

先日、タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ行ってきました。今回で旅行記は最終回です。最終回はバンコク観光から日本帰国までです。相変わらず内容薄いです。





プーケット空港からスワンナプーム空港まで

ロイヤルシルクラウンジ

バンコク行きの7:20便に合わせるため、前日予約したリムジンタクシーでホテルを5:00に出発しました。朝方だから1時間はかからない予想していましたが、豪雨のせいか結局1時間かかりました。空港では手荷物検査後、ラウンジに行く前に喫煙所を探しましたが見つけることができませんでした。(噂によると飲食店の店内を通るらしいです…。)

タイ国際航空の国内線ラウンジはこじんまりとした感じです。朝食がてらお粥をいただきましたが、とても美味しい味付けでした。早朝の便のためかラウンジ内は私たちを含めて5名程度で、とても落ち着いている状態でした。バンコク行の機材はA330で、ライフラットシートです。完全にハズレですが、1時間のフライトと思えば問題ありませんね。

ヒルトン・スクンビット・バンコクに到着

ヒルトン・スクンビット・バンコク

スワンナプーム空港に到着し、タクシー乗り場から宿泊先のヒルトン・スクンビット・バンコクへ移動です。高速道路を使用してもらいましたが、例にもれず渋滞にはまってしまい1時間ほどかかりました。タクシー代は高速道路代含めて450バーツくらい。

ベッド
テレビ

事前にオプションでアーリーチェックインを申し込んでいたので、すんなりと部屋へ案内されました。天井が高いおかげで圧迫感がありません。部屋内を見回してみると、ウェルカムギフトでチョコレートが置いてありました。添えメモを見てみると「Welcome GOLD Member」と書かれています。あれ、なんちゃってダイヤモンドメンバーのハズなんだけど…。

もしゴールドメンバーならラウンジアクセスが無いので、外出する前にフロントで「ダイヤモンドメンバーなんだけど、ラウンジアクセス権がついていますか?」と聞いたところ、「これからカードキーに書き込みます。」とのこと。やはりゴールドメンバーとして処理されていたようです。よかった。

涅槃仏で有名なワット・ポーへ

涅槃仏

ホテル付近のプロムポン駅へ移動しアソーク駅で下車、スクンビット駅で乗り換えてファランポーン駅まで移動しました。ファランポーン駅から外に出た瞬間、怪しいおっさんに声をかけられました。ほぼ相手にしないで会話していると、得意の「王宮は閉まっている」とのこと。嘘つくな。おっさんを追い払い、流しのタクシーを捕まえて(4台目で捕まえられました)、20分程度でワット・ポーへ到着です。タクシー代は80バーツくらいかな。

入場料の100バーツを支払い、ワット・ポー内へ。ほぼ学習しないで来たせいか、想像以上のスケールに驚かされます。涅槃仏をありがたく拝み終わった段階で体力の限界を迎えました。暑すぎて王宮を見る気になれず、ぼったくりトゥクトゥクに200バーツ払ってファランポーン駅まで戻ってきました。

ターミナル21でお買い物

PIER21

ワット・ポーの帰りにアソーク駅のターミナル21へOukyのTシャツを買いに行きました。日本の代理店では無地Tシャツが1枚1,680円ですが、1枚100バーツ(350円)で購入できました。噂どおり上質なTシャツで満足度が高いです。

Tシャツを購入後、フードコートPEAR21で食事を取りました。フードコート専用のプリペイドカードに現金チャージして使用する仕組みで、残金は払い戻すことが可能です。ムークロープとパッタイ、中華まん4個、フルーツジュース2本とミネラルウォーター2本で200バーツ以下で食べられました。すごいコスパです。

あとは仲間へのお土産を買うため、日本人が常駐しているブレズ薬局へ。何を買ったかはご想像におまかせします(笑) プロンポン駅からホテルまでの道にあったマッサージ店でフットマッサージを受けました。1時間で1人250バーツだったかな。歩き疲れていたせいか、かなり気持ちよかったです。

ホテルへ戻ると部屋にウェルカムギフトが増えていて、フルーツ盛り合わせと「Welcome Diamond Member」の添えメモがありました。単純に嬉しいですが、そんなイヤミで言ったわけじゃないですよ。

スワンナプーム空港でマッサージ

Aカウンター

スワンナプーム空港ではAカウンターで座ったままチェックインできます。保安検査場もAカウンター奥のファストトラックを利用できるため、エレベータを降りるだけでロイヤルシルクラウンジへ到着します。

また、タイ国際航空の国際線ビジネスクラス利用者は特典としてロイヤルオーキッドスパを利用できます。メニューは選択式で、ショルダーマッサージかフットマッサージ(ともに30分)です。あいにく写真は残っていませんが、30分のフットマッサージを選択しました。空港で受ける朝のマッサージも良いね!

機内食

帰りの便もA380です。食事はタイ料理をチョイスしました。メインは豚ひき肉の炒め物(?)でしたが、正直美味しくありませんでした。フルフラットシートで寝てたらあっという間に成田空港到着です。フルフラットシートの力は素晴らしいですね。

これにてプーケット&バンコク旅行記は終了です。またタイに行きたいな!

Article1

-タイ国際航空
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ③

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ行ってきました。今回プーケット滞在2~3日目までの旅行記を書いています。かなり内容薄いです(笑)

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ②

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ行ってきました。旅行記2回目の今回はプーケット観光をメインに旅行記を書いています。

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ①

ANAのマイルを利用してプーケットとバンコクに夫婦で旅行へ行ってきました。今回はマイルを奮発してビジネスクラスでの移動です。はじめてのA380だったのでテンション高めでした。今回は1回目の旅行記です。

Sideber Top

プロフィール

<プロフィール>
名前: たろ

北海道在住の30代半ばのオサーンです。ユナイテッド航空のマイレージプラスで陸マイラー活動に目覚めました。ゲーム・デジモノも好きです。よろしくお願いします。