たろさんノート

日々の出来事を綴っています。2018年 札幌・新千歳空港を基点にJGC修行を行いました。2017年はSFC修行を行いました。

タイ国際航空

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ②

投稿日:2017年12月8日

プーケット

先日、タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ行ってきました。旅行記2回目の今回はプーケット観光をメインに旅行記を書いています。





バンコクからプーケットへ

スワンナプーム空港

トランジット用にスワンナプームスイートへ宿泊し、6:00に空港送迎をお願いしておきました。私以外にも送迎希望者が多数いたようで、ハイエースが満員になりました。なんだかんだで6:10頃にホテルを出発し、6:30にスワンナプーム空港に到着しました。

スワンナプーム空港到着後、Bカウンターにてチェックインを行いました。(Aカウンターは国際線専用とのこと。)搭乗券発券時に国内線の発券手数料(?)として1人あたり100バーツを徴収されました。保安検査を通過し、国内線ロイヤルシルクラウンジへ。

ロイヤルシルクラウンジ
ロイヤルシルクラウンジ

フードメニュー、ドリンクメニューともに普通だと思います。ラウンジ内は混雑していましたが、奥のガーデンエリアは空いているようでした。ラウンジを出て、搭乗ゲート付近に行くと大混雑しており、座れない方が多数見受けられました。窓から機体を確認したところ、747ではなく777-300ERに変わっていました。あ~…747乗りたかったなー。

シート
軽食

国内線ビジネスクラスの座席はA380同様のスタッガードシートでした。搭乗後のウェルカムドリンクは水かオレンジジュースの選択でした。食事も提供されますが、朝食メニューとなります。まぁ1時間程度のフライトなので当然でしょう。

プーケット到着

プーケット空港

プーケット空港へ到着後、ホテルまでのリムジンタクシーを使うため国内線ターミナルから国際線ターミナルへ移動しました。国際線ターミナル前にタクシーカウンターがあるので、リムジンタクシーを使いたい旨伝えます。価格はヒルトンのあるカロン地区まで1,000バーツでした。

タクシーチケット

このチケットがいろいろな証拠になるので、面倒が起きたときのために写真に撮っておきましょう。ちなみにプーケットはタクシーマフィアに牛耳られており、どのタクシーを捕まえても定額のようです。リムジンタクシーも同様で地区ごとの金額が決まっており、値引き交渉は無理です。よって現地での移動手段としてタクシー移動をするとむちゃくちゃ高くつきます。

ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパに到着

ラウンジ

空港から1時間程度でヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパに到着です。当然ですが、チェックイン時間前なので部屋の用意ができていないとのこと。また、ダイヤモンドメンバーなのに部屋のアップグレードができなかったお詫びとしてワインをプレゼントしてくれるとのことでした。部屋は30分程度で準備できるとのことで、ラウンジで待たせてもらいました。

ラウンジは綺麗に保たれており、バルコニーは喫煙可能です。コーヒーとクッキーをいただきながら時間をつぶし、準備ができた旨連絡を貰いました。フロントで部屋の鍵を受け取り、部屋まで案内してもらいました。コーナールームで嬉しい限りです。

ベッド
バスルーム
バルコニー

古いホテルなので心配していましたが、リノベ後の部屋(?)でとても綺麗な部屋でした。室内も広く、バルコニーにもソファーが置いてありました。バスタブも備え付けてあり、大満足の部屋です。唯一の不満点はおしりシャワーがなかったことくらいかな。




カオマンガイで有名なバイレイへ

メニュー
カオマンガイ

部屋で荷物を整理後、タクシーでカオマンガイで有名なバイレイ(Briley)まで行きました。カロン地区からパトン地区まで20分程度の移動で、価格は400バーツ固定です。昼過ぎの時間帯だったので品切れを心配していましたが大丈夫でした。

オーソドックスにノーマルのカオマンガイ(メニューNo.1)とミネラルウォーターを注文しました。はじめてカオマンガイを食べましたが、衝撃的においしかったです。鶏肉はジューシーで、炊き込みライスもおいしい。スープは濃厚で、辛いソースも最高です。これはクセになりますね。

ジャンクセイロン

バイレイを出た後、徒歩でジャンクセイロンへ移動しました。ジャンクセイロン内のショップで現地での着替えを調達し、スーパーのビッグCエクストラで食料を調達しました。帰りもジャンクセイロン正面のタクシーカウンターでカロン地区までの料金を確認し、400バーツとのこと。納得できませんが仕方ありませんので言い値で乗車し、無事にホテルへ到着しました。

ラウンジから戻り、ホテルの内のスパで日替わりメニューを受けることにしました。当日の日替わりメニューはタイマッサージ(1時間)で2人で2,000バーツでした。ホテル付近の激安マッサージ店と比べるとかなり割高ですが、多少はホテルにお金を落とさないと…ね。

マッサージはヴィラへ案内され、着替えた後にマッサージ開始です。マッサージの強度はタイにしては弱めでしたが、とても気持ちよかったです。次回もプーケット観光旅行記の続きです。

Article1

-タイ国際航空
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ④

先日、タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ行ってきました。今回で旅行記は最終回です。最終回はバンコク観光から日本帰国までです。相変わらず内容薄いです。

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ③

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ行ってきました。今回プーケット滞在2~3日目までの旅行記を書いています。かなり内容薄いです(笑)

タイ国際航空のビジネスクラスでプーケット&バンコク旅行へ①

ANAのマイルを利用してプーケットとバンコクに夫婦で旅行へ行ってきました。今回はマイルを奮発してビジネスクラスでの移動です。はじめてのA380だったのでテンション高めでした。今回は1回目の旅行記です。

Sideber Top

プロフィール

<プロフィール>
名前: たろ

北海道在住の30代半ばのおっさんです。ユナイテッド航空のマイレージプラスで陸マイラー活動に目覚めました。2018年JGC、2017年SFC修行を行いました。ゲームやデジモノも好きです。よろしくお願いします。