たろさんノート

日々の出来事を綴っています。2018年 札幌・新千歳空港を基点にJGC修行を行い、無事解脱しました。2017年はSFC修行を行いました。

2018年JGC修行

2018年 JGC修行 1回目

投稿日:2018年1月27日

CTS-NRT-KUL
2018年1月、新千歳空港を拠点にJGC修行を開始しました。SFC修行に続き、人生2回目の修行です。
今回の修行もSFC修行同様にFOP単価を下げることを重点に旅程を組みました。





大まかな旅程

2017年12月に発売されたクアラルンプール行きのビジネスクラス(Saver X)と現地発券のプレミアムエコノミーを組み合わせ、FOP単価を下げることにしました。いわゆるBtoB(Back to back ticketing)で新千歳とクアラルンプールを3往復することでFOPの大半を稼ぐ作戦にしました。

表にすると以下のとおりです。A(国内発券)、B(海外発券)、C(海外発券)と3回に分けて発券しました。

旅程 便名 区間 クラス 時間
1回目(A) JL3040 新千歳 – 成田 クラスJ(J) 7:50 – 9:35
1回目(A) JL0723 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス(X) 11:05 – 18:10
1回目(B) JL0724 クアラルンプール – 成田 プレミアムエコノミー(E) 2250 – 06:35
1回目(B) JL0511 羽田 – 新千歳 エコノミー(Y) 10:30 – 12:05
2回目(B) JL3040 新千歳 – 成田 エコノミー(Y) 7:50 – 9:35
2回目(B) JL0723 成田 – クアラルンプール プレミアムエコノミー(E) 11:05 – 18:10
2回目(C) JL0724 クアラルンプール – 成田 プレミアムエコノミー(E) 2250 – 06:35
2回目(C) JL0511 羽田 – 新千歳 エコノミー(Y) 10:30 – 12:05
3回目(C) JL0723 新千歳 – 成田 エコノミー(Y) 7:50 – 9:35
3回目(C) JL0723 成田 – クアラルンプール プレミアムエコノミー(E) 11:05 – 18:10
3回目(A) JL0724 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス(X) 22:50 – 7:05
3回目(A) JL0511 羽田 – 新千歳 クラスJ(J) 10:30 – 12:05

今回はその1回目となります。うち1回目、2回目はマレーシアへ入国せず、5時間の空港滞在(0泊2日)のみでとんぼ帰りする予定です。2017年のSFC修行は国内線のみで解脱したので、国際線での修行は緊張します。

サクララウンジとクラスJ

新千歳空港サクララウンジ
ビジネスクラス発券分の国内線乗継区間はクラスJとなり、サクララウンジも利用可能です。チェックイン後、さっそく新千歳空港のサクララウンジに潜入しました。

2017年に新しくなったANAラウンジより圧倒的に高級感があり、とても落ち着いた雰囲気だと思いました。ドリンクメニュー等はそれほど変わり映えしませんが、この雰囲気は良いですね。

ラウンジでくつろいだ後、初めてのクラスJを体験しました。想像以上に席が広く快適に過ごすことができました。通常料金にプラス1,000円で座れるなら積極的に利用してしまいますね。

国際線サクララウンジへ

成田空港サクララウンジ
あっという間に成田空港へ到着し、国際線サクララウンジへ潜入しました。新千歳空港同様に高級感がありますが、広さは段違いに広いです。名物のJALカレーをいただきました。ANAカレーより美味しいかも。

もちろん喫煙スペースもありますので、コーヒーを飲みながら一服。飛行機を見ながら一服できるのは贅沢ですね。一服が終わったところで搭乗ゲートへ向かいます。

搭乗ゲート前で驚いたのは優先搭乗の多いこと。羽田-伊丹のように下手したら一般搭乗の方が少ないのでは…というくらい多かったです。特にダイヤ様の多さに驚きました。

787-9のビジネスクラス

シャンパン
機材は787-9、フルフラットのSKY SUITE IIIです。座席は想像より少し狭かったかな。ウェルカムドリンクはシャンパンを貰いました。銘柄はシャルル エドシック ブリュット レゼルヴ N.V.と書いてありました。下戸な私は全く知りません。

前菜
メインディッシュ

機内食は和食をチョイスしました。前菜、メインともに豪華で驚きました。味もとても美味しかったですが、ラウンジのJALカレーのせいで残してしまったのは内緒です。

食事後はぐっすりと寝てしまい、あっという間にクアラルンプールへ到着です。



プラザプレミアムラウンジ

プラザプレミアムラウンジ
クアラルンプール到着後、まずはシャワーを浴びるためプラザプレミアムラウンジへ。というのも帰りの便はプレミアムエコノミーなので、マレーシア航空のゴールデンラウンジを利用できないためです。プライオリティパスも所持していないので、2時間 168MYR(4,800円)で入場しました。

さっそくシャワールームへ移動すると、『Out of service』の文字が…。念のため係員に声をかけ、シャワールームを使用できないのか確認したところ、今日はもう使えないとのこと。何のためにお金を払って入場したのか…。とりあえずコーヒーだけ飲んで、プラザプレミアムラウンジを後にしました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ

少し空港内をブラついた後にキャセイパシフィック航空のラウンジへ移動しました。プレミアムエコノミー利用であれば無料で利用できます。それほどスペースは広くありませんが、利用時間帯的にJALの成田便しか飛んでいない模様でお客さんは皆日本人でした。ここでもカレーを食べ、帰国便へ搭乗しました。

プレミアムエコノミーをなめていた

ホールド
いままでプレミアムエコノミーを利用したことがなかったこともあり、なんだかんだで寝れるだろうと思っていましたが…結果的に全然眠れませんでした。やはりビジネスとプレミアムエコノミーは明確な差がありますね。おまけに成田空港が濃霧のため、空港付近でホールドとなり90分のディレイでした。これは2回目の往復(両方ともプレミアムエコノミー)で対策を考えないといけないかもしれません。

成田空港からリムジンバスで羽田空港へ移動し、クラスJの空席を有料アップグレードでゲットしました。プレエコよりクラスJのシートのほうが良い気がしました。あとは無事、新千歳空港へ到着し1回目のJGC修行は終了です。

今回の獲得マイル、FLY ONポイント

便名 区間 ブッキングクラス 獲得マイル 獲得FOP
JL3040 新千歳 – 成田 クラスJ(J) 701 (通常561+ボーナス140) 1,522
JL0723 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス(C) 5,216 (通常4,173+ボーナス1,043) 6,659
JL0724 クアラルンプール – 成田 プレミアムエコノミー(W) 4,173 (通常3,338+ボーナス835) 5,407
JL0511 羽田 – 新千歳 クラスJ(J) 701 (通常561+ボーナス140) 1,522

今回の獲得FOPは15,110でした。もう一往復すればとりあえずクリスタル確定です。

Article1

-2018年JGC修行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20171212-001.jpg

2018年 新千歳空港発のJGC修行を行います!

2017年はSFC修行を行い、人生初のビジネスクラスを楽しむことができました。私としては十分満足な状況なのですが、なぜSFCとJGCのダブルホルダーを目指すのか、同じような悩みを抱えている方の参考になればと記事を書いてみました。

2018年 JGC修行 2回目

2018年 新千歳空港発のJGC修行2回目です。今回は往復プレミアムエコノミーの予定でしたが、寝れなかった前回の教訓を生かして、復路のみビジネスクラスへマイルでアップグレードすることにしました。

20180721-00

2018年 JGC修行 3回目

2018年 新千歳空港発のJGC修行3回目です。1回目、2回目とも入国せずに往復しましたが、3回目は最後ということもありクアラルンプールで1泊することにしました。

20180816-00

2018年 JGC修行で実際にかかった費用

2018年3月、ついにJGC修行を解脱することができました。昨年のSFC修行では国内線のみで修行を行いましたが、JGC修行は3回のクアラルンプール往復を行いました。修行を終え、実際に解脱までにかかった費用を算出してみました。

Sideber Top

プロフィール

<プロフィール>
名前: たろ

北海道在住の30代半ばのおっさんです。ユナイテッド航空のマイレージプラスで陸マイラー活動に目覚めました。2018年JGC、2017年SFC修行を行いました。ゲームやデジモノも好きです。よろしくお願いします。